DIY必須アイテムのネジ!でも色々種類がありますよ

木と木を固定、ネジの種類

本棚や踏み台などを自作するDIYで必要になるのがネジです。木と木を固定したり物を固定するためには必須のアイテムです。そんな大切なネジですが色々な種類があることを知っているでしょうか。用途やニーズによって様々な形があるネジは意外なほど奥深く、なにを使えばよいのか迷ってしまうほど多岐にわたります。ホームセンターには実に様々な種類のネジが用意されているので、知識を深めたり興味本位で見てみるのも良いと思います。

木と木を固定するならネジ

ビスはネジの一種で木材同士を固定する役割を果たしています。プラスドライバーでネジ止め出来るので使い方も簡単です。ただ、長さが違ったりマイナスドライバーで締めるタイプなど個々に違いがあるので、好みのものを選ぶと良いでしょう。また太さも違いがあり、物によっては板割れを防止する加工が施してあるものやステンレス製でサビつきを防止する加工がしてあるものもあるので使用する場所や用途に応じたものを選ぶと良いでしょう。

一般では使わないけど特殊なネジ

DIYで工作をする程度ならば使わないけれども特殊なネジがあります。普通の工具では取り外しが不可能ないたずら防止を目的としたネジや薬品がかかっても大丈夫な耐薬品性のネジ、締め付け時にネジ穴が壊れにくいように加工されたネジや精密機器で使用する微細なネジなど様々な種類が存在します。DIYをしていてこういった特殊ねじを使用してみようと思う方もいるかもしれませんが、通常のネジに比べると高価な物になっており店によっては取り扱っていないこともあるのでよく検討してから使用すると良いでしょう。

ねじの販売の店を覗いたことがありますか。いろいろな種類があり見入ってしまいます。もしネジをなくしてしまったら一度探しに行って下さい。どんなネジでも絶対合うネジが見つかります。凄いと思うはずです。