知らなかった!?ふるさと納税の3つのメリット

所得材や住民税の控除を受けられて特産品までもらえる

ふるさと納税とは、自分が寄付をしたい自治体に2000円以上の寄付金をする事によって、所得税や住民税の控除を受ける事が出来る制度の事です。ここで注意しなければいけない事は、所得税や住民税の控除を受けるためには、確定申告をする必要があり、また世帯の人数や所得によって控除額は異なる事です。確定申告をする手間はありますが、それだけしてしまえば特産品も手に入れる事が出来るのですよ。そして寄付をした自治体に貢献が出来るのです。

寄付金は使い道を自分で決める事が出来る

私達が納めているほとんどの税金は、自分では使い道を決める事は出来ないですが、ふるさと納税は出来るようになっているのですよ。中には決める事が出来ない自治体もあるようですが、ほとんどの場合決めれるようになっています。例えばその地域の復興のためにや地域の環境のためになど、自分の希望する使い道を決める事が出来るのですよ。応援する地域のために、自分も参加出来ているといった意識が強まるのでいいかもしれませんね。

いくつでも寄付出来る

これだけお得な制度だと、1つの自治体に1回しか寄付出来ないと思ってしまいがちですが、複数の自治体に寄付する事が出来るのですよ。複数の自治体に寄付すれば、複数の特産品を楽しむ事が出来ますね。最近では特産品を見てから自治体を選んで寄付をする人もいるようですよ。今までに行った事のないような地域の特産品などをこの機会に味わってみてはいかがでしょうか。確定申告さえ出来れば簡単に出来ますので、特産品を楽しみながら試してみるのもいいかもしれませんね。

ふるさと納税は、寄付することによって、金額に応じて特産品がもらえます。特産品が豪華なので人気があります。