うつ病かな? と思ったら病院選びの3つのポイント

心療内科と精神科はどう違う?

もしかして「うつ病」かもしれないと思ったら、なるべく早めに医師の診断を受けることをおすすめします。実際に病院へ行くとなると、心療内科と精神科のどちらに行けばいいのか迷うかもしれません。うつ病のときは、気持ちにあまり余裕がないと思いますので、迷ったときはどちらに行ってもかまいませんが、両者の区別はあります。心療内科は、主にストレスを原因とした腹痛や下痢、動悸などの体の異常を治療する場所です。精神科は、精神のバランスが乱れた状態、不安・不眠・イライラなどの症状を治療しています。

電話の応対は要チェック

心療内科または精神科は、多くのクリニックが予約制になっています。特に初診の場合はどんな症状で悩んでいるのか、じっくりと話をする必要があるため予約が推奨されます。このとき、電話をかけて予約する場合が多いのですが、ここでそのクリニックが自分に合うかどうかを判断できるかもしれません。電話になかなか出なかったり、言葉遣いが悪かったり、早く電話を切りたいような気配を感じさせる場合は要注意です。感じのよい応対ができるかどうかはとても大切です。

疑問点はどんどん質問しよう

診察が始まったら、じっくりと話を聞いてもらいましょう。うまく話す自信がないときは、あらかじめメモを作ってそれを見ながら話してもいいですし、メモを医師に渡してもかまいません。このとき、医師がこちらの話をすぐにさえぎろうとする場合は要注意です。医師から質問されることはありますが、基本的には患者の話をよく聞いてくれるはずです。治療方針や薬についてなど、疑問があればどんどん質問してください。明確な答えがないときは要注意です。他の医師を探すことも検討してください。

うつ病の治療は早期にすることで心身ともに健康的な状態に戻せるので医療機関でカウンセリングなどを受けてみると良いでしょう。