もしかしてうつ病?うつ病の症状とその治療法

疲れているだけではない。実はそれはうつ病です。

最近体がだるい、眠れない、何もやる気が出ない。このような症状がある方がいらっしゃるのではないでしょうか。一見ただ疲れているだけのように思えますが、実はうつ病の可能性があります。うつ病とは気持ちだけでなく、脳の病気です。きちんと治療をすれば改善されます。では、具体的にはどのような症状がうつ病なのでしょうか?それを知ることで少しでも思い当たることがあれば診察を受けましょう。そのまま放置しておくことが一番よくないのです。

基本的なうつ病の症状

基本的なうつ病の症状としてはまず眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる。などの症状が見られます。精神的ストレスや身体的ストレスなどが重なり脳が機能障害を起こしうまく機能してない状態からこのような症状が出てきます。うつ病のサインはほかにもあります。イライラや落ち着きがない、全てのことに対して自分を責める。体に出る症状もあり、めまいや便秘、肩こり、胃の不快感などもうつ病から出る症状の場合もあります。このような症状が2週間以上続くようなら一度医療機関で診察を受けてみたほうが良いでしょう。

うつ病の治療法とは?

うつ病は治療を受けることで改善されていきます。うつ病と診断された場合には一般的に抗うつ薬が使用されます。ただ、症状が軽い場合は薬の効果があまり期待的ないことがあるので医師と確認をしながら治療を進めましょう。薬の種類もいくつかあり、SSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)などがあります。症状に合わせて不安を取り除く薬や睡眠導入剤を服用します。ですがうつ病は薬を飲んだからってすぐに治るわけではありません。根気よく治療を続けていくことが大切です。そしてこれが一番難しいことかもしれませんが周りが支えてあげることも大事なことです。うつ病はわかってもらえない部分もあると思いますが、焦らずゆっくりと治療に専念していきましょう。

うつの診断をしたいと思っても、いきなり心療内科に行くのはハードルが高く悩むものです。まずはネットでできる簡易診断を試してみると良いです。